シェフ
MuraChef

食す = 栄養補給なら味覚はいらない
神様が私たちに「おいしい」を与えたのはなぜだろう?
色あざやかな新緑、美しいハーモニー、それにみんなの笑顔だって神様からの「おいしい」
そんな おいしいデザイン が私の仕事

好きな言葉 @murachef likes

私は、朝 🌄つぶやきます。忘れないよう書き留めて何度も🔃読み返します。
SNSはタイムラインに刻まれるのでたいへん便利👍 アイディアやヒント💡 襟を正さなきゃいけない言葉 などなど ..

自分の中にある

探すのをやめたら永遠に見つからない。探せば必ずある。しかも全て自分の中にある

村シェフ

おもしろく

むずかしいものをやさしく、やさしいものを深く、深いものを面白く

井上ひさし

無意味

あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。それをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである

マハトマ・ガンジー

美しい設計図

プランニングは変化し続けるエコシステムを作ること。そして設計図は憧れるほどの美しさを

村シェフ

本 気

本気ですれば大抵のことはやれる、本気ですれば何でもおもしろい、本気でしていれば誰かが助けてくれる

島田素峰

不易流行

変化を重ねていく流行性こそ不易(不変)の本質である

蕉風俳諧

略 歴

  • 1962年 新潟県妙高市(旧 新井市)生まれる
  • 1981年 高田北城高校普通課 卒業
  • 1981年 株式会社ホテルオークラ(大成観光株式会社)入社(-1985)
  • 1985年 合資会社新洋軒(レストラン新洋軒)入社(-2001)
  • 1989年 新井高等職業訓練校調理指導員 就任(-2010)
  • 2003年 上越情報ビジネス専門学校 IT系講師 就任(-2014)
  • 2003年 C&Sラコム 創業(現在)
  • 2004年 市民団体 なんぶルネサンス 創設、
    拠点 ねおかんぱーにゅ南部開設(現在)
  • 2011年 元日 村シェフ命名、
    4月 中山間地移住、拠点 アルネ小濁開設(現在)
  • 2015年 妙高市市議会議員 就任(現在)
     妙高市議会議員 村越洋一 HP
  • 2019年 新井商工会議所 参与 就任(現在)
  •  
  • 歴任:公益財団法人妙高文化振興事業団 副理事長

Food 食

料理と食

  •  妙高市の大正14年創業の洋食店で育ち、都内のシティホテルで西洋料理を担当。専門は レストラン、バンケット、テイクアウト、ケータリングの各種サービスになります。
  •  ベーカリー部門:一通りの製菓製パン、コンフィチュール、アイスクリーム製造を行います。
  •  地元新潟県妙高地域の郷土料理と食文化、山菜(きのこ以外)、米・野菜、発酵(醸造以外)を扱います。
  •  その他:肉 魚 野菜の塩蔵・保存加工、腸詰め、パテ、スモーク、ジビエ処理(野禽〜猪程度)

農・研究開発・指導

  •  ハーブ、野菜、果樹等の栽培経験および農作物全般の基礎知識を有し、米・園芸農家とのネットワークで情報収集を行います。有機農作物(オーガニック)、自然栽培、および持続可能な農業を支援します。
  •  各種研究および開発業務を行います。
  •  各種クッキング教室や食育事業の実施により、子どもや、社会の課題解決ための人材育成を行います。

村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール

Youtube で発信中

ICT ネットワーク・コンピュータ

キャリア・業務

  •  コンピュータは独学で始め、PC-9801RSからMacintoshLCⅢへ。1997年にホームページを公開、2003年にウェブサービスを事業化。技術面では主にウェブのデザインとプログラミング、HTMLのコーディングを扱います。
  •  業務内容:ホームページの開設・管理業務。SNSやGoogleの各種サービス、ストレージサービス等を使用したビジネスハック・業務アドバイス等
  •  その他のスキル:Adobe Photoshop 及びIllustratorによるデザイン制作、ペーパーのパブリシティ制作、低レベルなビデオ撮影(一眼・アクションカメラ)、動画編集(FCPX使用)とYoutube等のウェブパブリッシング

非営利活動

  •  社会的企業、NPOや市民活動団体、および地域団体のICT事業のサポートを進んで行います。
  •  文部科学省のプログラミング教育に係る 研究・開発・指導を行います。(こどもパソコンIchigoJam、Scratch、micro:bit 各種プラットフォーム)
村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール村シェフ, 村越洋一, プロフィール

2021年 モバイルファースト

ART 芸術

音楽活動

  •  5歳でピアノを習い始め、中学校時代のブラスバンドではトロンボーンを担当。20代はDTMで作編曲活動に加え軽音楽バンドに参加。現在はアマチュアバンドで演奏活動中。志向はジャズピアニストです。

陶芸とアート

  •  (陶芸)2002年に猪風来氏に影響をうけ、野焼きによる縄文土器制作を開始。後に高石次郎氏(当時上越教育大学准教授)に師事し電気窯を購入。2010年妙高市小濁に薪窯を築窯しました。
  •  陶土・釉薬・焼成の研究活動。やきもの制作と販売。サスティナビリティを実感できるものづくりワークショップ、陶芸体験教室の実施。
  •  その他:障害者アート支援、ミニギャラリーの開設。アートプロジェクトに進んで参加します。

妙高の土で野焼き作品制作

プロジェクト事例

マスコミ紹介

メッセージをどうぞ

クイックレスポンスを心がけます 

あなたと社会のために

あなたの「おいしい」を村シェフがサポートします
ステキなアイディアに参加させていただき、持続可能な暮らしが実現できたらなによりうれしいです

= 食文化や食を通したエコロジー、食の歴史といった、持続可能な食の学びとなる事業のお手伝いができます。単発のクッキング教室から複数回のワークショップまで、美味しく楽しみながら食の魅力に触れていただけます。

陶芸= やきものの不思議、自由な造形のおもしろさなど様々な経験が得られます。土や釉薬、焼き方による化学的な変化は予測不可能な自然を肌で感じるプログラムです。

コンピュータやプログラミング= 実用に活かせるホームページ作りやインターネットの活用のアイディア、教材を使ったプログラミング的思考を身につけるお手伝いができます。

これらの活動は、受講者の創造力や自己の課題解決能力を高めるよう配慮して進行します。
マスメディアへの出演および出稿についてはご遠慮させていただいています。対象者を限定した講演やスピーチ等は状況に応じてご対応が可能な場合もあります。ご紹介者を通してご依頼ください。
社会的な目的・目標が明確なプロジェクトチームへの参加意欲は高いと自負しています。村シェフのスキルが役立つ事業がありましたらお誘いください。
また課題をお持ちのかたは共に解決していけるよう努力を試みます。コンタクトをお待ちしています。
Eメールやビデオチャットなど、インターネット経由のサポートを行います。zoomを使った講座の実施も可能です。
なお最初のコンタクトについては、こちらのメッセージフォームにてお願いします。SNSは Messenger をご利用ください。
☓ 電話番号のSMS(ショートメッセージサービス)は恐れ入りますがご遠慮ください

おいしいデザイナー 村シェフ

〒944-0341 新潟県妙高市猿橋981

村シェフ・Murachef | 村越 洋一・Youichi Murakoshi